2017年2月25日

季節の変わり目にはデトックスを

10年ほど前、インドのアーユルベーダのセンターにトリートメントを学びに行ったことがあります。

研修生なので、厳密な意味でゲストではありませんでしたが、トリートメントを受けに来ている人たちと同じ建物に泊り、同じ食堂で食べ、時間があれば施術も有料で受けていました。で、そのセンターの一番人気が「パンチャカルマ」というデトックスコースでした。

私はそんなコースでのんびりできる身分ではなかったのですが、そのコースを取っているゲストが何人かいて(ドイツ人とオーストラリア人)、いろいろ話を聞きました。パンチャカルマのコースは期間も長く、日本のシンプルな断食よりもっと奇想天外なインド的(笑)方法でデトックスするようで、皆さんワアワア言ってましたね。

デトックスマニアな私は羨ましいなあと思いながら見てましたが、教習担当のセラピストさんから聞いた「デトックスコースは季節の変わり目に受けるのがいちばん効果的」という言葉が頭に残っています。それ以来、春や秋など季節の変わり目に、デトックスに励むことにしています。

今の時期なら、冬の間に溜まった毒を流し、活性化の春にむけて準備することになります。初めての方も、体と心のデトックスを自分に合ったやり方でおこなってみてはいかがでしょうか。プチ断食も効果的ですし、温泉で湯治というのも気持ちいいでしょう。部屋の大掃除や模様替え、リフォーム、引越しなども効果的でしょう。

レイキヒーリングもそういう一連のデトックスの流れでおこなうと、より効果的かもしれません。意識設定が大切ですからね。そんな気持ちでちょっと集中してやってみてください。


修了証書授与式後、若いドクターと。
ちなみに、オイルトリートメント動作は腰が痛くなって
自分には無理だと悟ったインドな日々でした(苦笑)


..................................................

きらり メニュー・アクセス・お問い合わせ
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html

きらり別館桜子日記  http://inoxsakurako.hatenablog.jp/
...................................................

人気ブログランキングへ

2017年2月18日

始める勇気、やめる勇気

最近、別件で知人から相談を受けました。
その話を聞いていると、やめる勇気って大事だなあと思ったので、ちょっとゴタクを並べさせてもらいますね。

あれこれ不安で、なかなか新しいことが始められないときってよくあります。
新たな一歩を踏み出すのは、たしかに、とても勇気のいることです。仕事にしろ人間関係にしろ、なんでもそうですよね。
いっぱいいっぱいのときは、なかなかこの勇気が出ませんが、経済的もしくは精神的に余裕があると、えいっと始められます。

ワクワクしながら始めたことでも、途中で行き詰ることがあります。
そんなとき、どうするか。ほんとうに悩ましいかぎりです。

というのも、スタートする時は、人も自分も、拍手喝采してその勇気をほめたたえますが、途中でやめる時は、誰もほめてくれません。だから、意地でも続けないと…成果がでるまで続けないと…と思ってしまいます。これで自分の首をしめる悲劇は、世間に数かぎりなくありますよね。だからこそ、失敗がこわくてなかなかスタートできないんですけど。

ですが、やめることはそんなに恥ずかしいことでしょうか。

私たちは、生まれてから色んなことに手を出して、色んなことを経験しながら成長していきます。手を出したことはずっとやり続けないといけないとなると、ほんの少しのことしか経験できません。それぞれのスタイルや個性もありますが、途中でやめたら恥ずかしい、もったいない、なんとしてでも結果を・・・なんて目三角にして歯くいしばって頑張る必要がどこにあるでしょう。それがもう興味を失ったことであるなら、なおのことです。そこらへんはクールに割り切って、やめる勇気をもちたいものです。

まあこういうケースとは対照的に、始めるのもやめるのも俊足で、なにをしてもモノにならなくて困ってる方もいらっしゃると思いますが、要はバランスです。なにごとも過ぎたるは及ばざるがごとし。

抜群のバランス感覚で、無理なく無駄なく状況をコントロールしている節制のミカエルちゃん、下に貼っときますね。バランスを意識すると人生がぐっとシンプルになりますよ。


..................................................

きらり メニュー・アクセス・お問い合わせ
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html

きらり別館桜子日記  http://inoxsakurako.hatenablog.jp/
...................................................

人気ブログランキングへ

2017年2月14日

主役は誰?

今日の講座でもお話ししたんですが、私たちヒーラー/ティーチャーは、ヒーリングや伝授の場面で、どこまで影響力があるのか。

ふつうに考えると、与えられる者(受けとる者/教わる者)は受け身で、与える者(ヒーラー/ティーチャー)が主導権を持っていると思いがちです。はたして、どうなんでしょ?

結論から申しあげると、主導権は、あくまで受け手にあると私は思っています。

どんなに与え手が必死に与えようとしても、受け手は自分の必要な質量しか受け取りません。どれだけエネルギーを受け取るかは、受け手の外面的表層的な要請ではなく、本音というか深層意識の必要性によって決まります。

もちろん、どんな要請にも応えられるよう、私たちは常に最高最良のパフォーマンスを心がけなければいけません。自分が出せる最高レベルを提供するのは、料金をいただいている以上、あったりまえなことです。ですが、提供したものをそのまま100%受け取ってもらっていると思うのは、思い上がりですね。主導権はあくまで受け手にあります。

もしかしたら50%くらいしか受け取ってもらえないかもしれません。あるいは、受け手の必要性に引っぱられて、通常の2倍増しのエネルギーが流れるかもしれません。十人いれば十通りのケースがあります。ここが面白いところです。ヒーラー/ティーチャーは、相手の必要性を謙虚に受けとめ認める必要があります。こちら側の押し付けは無意味です。宇宙を信じ、相手を信じ、自分を信じてやっていきましょう。




..................................................

きらり メニュー・アクセス・お問い合わせ
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html

きらり別館桜子日記  http://inoxsakurako.hatenablog.jp/
...................................................

人気ブログランキングへ

2017年2月10日

花を飾る

去年の夏、引っ越しするんかっ!?てくらい、自宅の断捨離に精出して、すっからかんにして、モノも家具も半減させました。そして、広がった空間には花を飾るようになりました。

部屋のエネルギーがめちゃくちゃ上がってるせいか、しおれかかった半額の花を買ってきても、花瓶に生けたらシャッキーンとなるので、それが面白くて買いまくりですわ。玄関なんかもう4つくらい置いて、この華々しさに、鬼もあきれて即退散?。

で、部屋ごとにも飾っているのですが、ハタと考え込んでしまいました。
今まで、お華もフラワーアレンジメントも習ったことがないので、センスが…?
もっと効果的な飾り方ってないだろうかと。

花を飾るのは普通の人が普通にやれる作業なので、本格的に勉強するつもりはないのですが、できればせっかくの空間の調和を乱さないように、というよりさらに波動が上がるような花の飾り方をしたいなあと。

花を使った心理セラピーとかフラワーセラピーとか、バッチさんやドリーンさんの花の波動学とかも楽しいでしょうが、せっかくだから自分の専門で何とかしたいと思い、そうだチャクラ理論で合わせてみようとひらめきました。

きらりでもウスイレイキの初級講座でやっていますが、チャクラの回転から生じる波動は、虹の7色の波長と同じです。つまり、第1チャクラは赤、第2はオレンジという感じですね。それぞれのチャクラには働きがあり、そこが不調になるとどうなるのか、それを回復させるためには何が効果的かなど、エネルギーワークの世界ではよく知られています。手っ取り早く修復したいときは、色を使えば、まあ簡単ですな。




部屋のエネルギー調整はレイキで完璧にできるから、花だけで波動調整するわけじゃないのですが、せっかく花を飾るならって話です。で、こういう波動を漂わせたいなあというとき、その色の花をメインにして飾る、というようなことをやっています。

もれなく調えたいときは、レインボーカラー全色そろえた華々しいフラワーが一番ですが、元気がない、体調がイマイチというときは、第1第2第3チャクラの色にフォーカスして花を選んで買ってくるというような感じですね。できれば半額で(笑)。どんなときにも必ず葉っぱのグリーンが入るのは、やはりハートチャクラがいちばん大事だからでしょうか。自然のすばらしい調和です。

で、あれこれ書いてきましたが、じつは我が家の花の基本色は常にピンク。
桜子だからしょーがない?(チャクラ理論はどこ行ったー)


..................................................

きらり メニュー・アクセス・お問い合わせ
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html

きらり別館桜子日記  http://inoxsakurako.hatenablog.jp/
...................................................

人気ブログランキングへ

2017年2月6日

微妙にマイナーチェンジ

微妙なチェンジだからマイナーチェンジっていうんですよね。
こりゃ「頭痛が痛い」レベルの二重表現ですね。「危険が危ない」とか「more better」とか・・・

さて、ゴタクはこれくらにして、
お気づきのように「ヒーリングラボ」を英語表記に変えました。

これからはこれでどうぞよろしくお願いいたします。<m(__)m>


大濠公園ライトアップ中



..................................................

きらり メニュー・アクセス・お問い合わせ
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
きらり別館桜子日記  http://inoxsakurako.hatenablog.jp/
...................................................


人気ブログランキングへ

2017年2月2日

もうすぐ立春

あっというまに2月になり、明日は節分、明後日は立春です。早いもんですねえ。

グレゴリオ暦の正月は、なんだかやたらあわただしく、世間とマスコミだけが正月正月と騒いでいるようで、さっぱり実感がわかなのは私だけでしょうか。
新年の感覚は、この立春をむかえて、ようやくジワジワと感じられてきます。
春が立つ。いいですねえ。ほんとの春のスタートです。

以前、講座で、私が体験した「立春大吉」のお札のエピソードなどお話ししたことがありますが、興味ある方は、ぜひ一度、立春大吉のお札をハンドメイドして、玄関の右側に、作法どおりに貼ってみてください。節分の鬼退治の豆まき同様、厄除けのお札ですから、一年無病息災に過ごせるかもしれません。

それにしても、なんでこのお札に厄除け効果があるのでしょうか?
そのメカニズムは、こんなふうになっているそうです。

立春大吉の文字はすべてシンメトリー(左右対称)になっているので、表から見ても裏から見ても同じに読めます。



それで、玄関から入ってきた鬼が、ふと振り返ると、さっき見たお札がちゃんとあるので「あれ?まだ入ってなかったっけ?」と思って、また表に出ていくというカラクリだそうです。
そのあとのことは言及されてないのですが、ということは、鬼さん、玄関の周りを出たり入ったり、無限ループするんでしょうか。それはそれで迷惑な話ですね(苦笑)。

ま、深く考えず、新たな一年が大吉で始まるくらいの感じで貼っとけばいいんでしょう。
来る春を楽しんでください。

2017年 舞鶴公園の梅


..................................................

きらり メニュー・アクセス・お問い合わせ
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html

きらり別館桜子日記  http://inoxsakurako.hatenablog.jp/
...................................................

人気ブログランキングへ