2015年4月25日

情報検索とレイキ

今この画面をご覧の皆さんは、そもそもの最初、どういう経緯でここにたどり着かれたのでしょうか。

今は、ほしい情報は、グーグルやヤフーで検索かけると、さっと見つけることができますよね。一昔前は紙媒体や口コミなどで手間暇かけて探してたのが、今じゃ日本中、世界中の情報に接することができます。

そんな夢のような時代ですが、なまじ情報が多すぎて、ピッタリなものに行きあたらない、信頼できる情報かどうか分らない、という事態も生まれています。
上位に表示される情報が自分の求めるものである場合は何の問題もありませんが、探しても探しても、なかなかしっくりくるのが見つからないことも多いのではないでしょうか。

こういう場合は、キーワードを変えて、あるいは様々に組み合わせて再検索かけると思いますが、この「キーワードを見つける」というのが実は難しい。求める情報のキーワードというのは、自分が何を求めているのかという真髄に迫ることばですもんね。

こんな作業のときにも、レイキが大活躍してくれます。

まず、心を静めてシンボルを発動させ、ご自身にかぶせます。

次に、自分が探しているものをはっきりと心に思い描きましょう。
(たとえば、自分の治療にぴったりな病院、○○のレッスンをしているサロン、△△についての情報etc)

そうして自分自身に問いかけます。
「そこにたどり着くにはどんなキーワードを使えばいいですか?」
心を静めて答えを待ちましょう。

心の中にふっと湧き出ることばがあると思います。それを逃さずキャッチしてください。
ふっとやってくる「ことば」や「おもい」は、たいていの場合、「気のせい」と無視しがちですが、それはまさに「気」のせいですから、しっかりキャッチしてくださいね。

で、キーワードが取れたら、目を開けてレイキに感謝して終わります。

これはどんなときにも使えるテクニックなので、情報検索だけでなく、迷った時にはいつでも心の声を聞いてみてください。やればやるほどうまくできるようになりますし、慣れれば、レイキを使わなくても素手で(笑)やれるようになります。迷いのない方というのは、上手に心の声を聞いてらっしゃる方です。うまくなるまでは、レイキの力を借りて練習しましょう。











...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2015年4月18日

ペットと人間と愛情ホルモン


先日、ネットニュースで興味深い記事を読みました。
犬と飼い主が深い愛情で結ばれていることは有名ですが、どうしてそうなるんだろうという疑問を解いてくれる実験報告です。

.................引用ここから....................

◇異種間で愛情ホルモン 麻布大などのチーム初確認

犬と飼い主は、アイコンタクトや触れ合いで、お互いの親近感を高めているとの分析を、麻布大や自治医科大などのチームが17日付の米科学誌サイエンスに発表した。こうした行為で関連ホルモンが多く分泌されるようになった。この現象がマウスやヒトの母子間で起こることは実験で明らかになっているが、異種間での確認は初めてという。

このホルモンは、母乳の分泌などを促すオキシトシンで、相手を信頼したくなる心理的な効果があると考えられており「愛情ホルモン」とも呼ばれる。

チームは30組の犬と飼い主を30分間部屋で遊ばせ、尿に含まれるオキシトシンの濃度変化を調べた。その結果、長時間見つめ合ったペアはオキシトシン値がともに上がり、特に飼い主は約3倍に急増することが分かった。

一方で、話したり触ったりを飼い主に禁じた実験では、犬のオキシトシン値は上がらなかった。このため、ヒトでは犬の「まなざし」、犬では飼い主との「触れ合い」が親近感を高めるのに重要な要素になっていることをうかがわせた。

同様の実験をヒトに慣れたシンリンオオカミと飼い主11組で行ったところ、オオカミはじゃれついても視線を合わせず、それぞれのオキシトシン値は変わらなかった。

麻布大の菊水健史(たけふみ)教授(動物行動学)は「一方のオキシトシンが増えると、相手の愛情表現を促す行動を取り合う好循環が生まれる。犬にはヒトと同様の寛容な気質があり、人間と『絆』を形成できる特異な動物ではないか」と話す。

.....................引用ここまで.....................

本筋とはまったく関係ないことですが、この記事で私が一番驚いたのは、森林狼を飼っている人がいるってことと、その狼が目を合わさないという事実。これはけっこう驚愕でした。

じゃれついても視線を合わさない・・・ (さすが大神)

このシチュエーションはちょっとイメージしにくいですが、きっとあらぬ方に目が向いてるんでしょう。でも、なんかどこかで見たことあるような図です。人と視線を合わさない人、たまにいますもんね。

人の愛が視線で増えるなら、デート必勝法は見つめること!ってことですかね(なんの話ですかぁ)

また、子どもやパートナーに対しても、声かけだけじゃなく、しっかり目を合わせないといけないってことですよね。

さて一方、犬のほうは、スキンシップがより重要とあります。
きらりにも、飼ってる病猫のために、レイキ伝授を受けに来られた方がいらっしゃいます。
レイキは人間だけでなく、どんな生物にも効きます。
やさしいハンドヒーリングで、視線のお返しをしてあげてくださいね。



   

画像出典:Wiki







...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2015年4月16日

ブルーボトルウォータープレゼント!

やっと探し当てました。麗しいブルーボトルに入ったミネラルウォーター。


 
これはスペインのソラン・デ・カブラスという水なんですが、以前、飲んでる方のそのボトルを見て以来、ずっと欲しいなあ欲しいなあと思いつつ、そのまま忘れたようになっていました。今回、ひょんなことからアマゾンさんで見つけ、うおお~これじゃないかっ!と喜びいさんで一箱購入しました。

一人で飲むには多すぎるので、きらりに来られた方々に、1本ずつ無料配布というか、差し上げようと思っています。

まずは、中身の水の説明から。アマゾンの商品説明を転載しますね。
.......................................................
スペインのサッカーチーム「レアルマドリード」の公式ミネラルウォーターのソラン・デ・カブラス。スペインのクエンカにある源泉から採水された、純粋で口当たりがソフトで上品なナチュラルミネラルウォーターです。
古くローマ時代、カルロス4世が健康に優れた医療水として、この水源を王室御用地として勅命した歴史のある水です。
スペイン栄養士協会の公式ミネラルウォーターです。カルシウムとマグネシウムのバランスが良くスペインでは多くの健康スペシャリストから推奨され続けています。
........................................................














ま、水の国ニッポンには、これより優れた水がたくさんあるわけですが、問題はボトルです。こんなボトルは日本にはない!(誰か作って~~) 

ご存じホオポノポノではブルーボトルに水を入れてなんちゃらかんちゃら・・・と言われております。この場合、素材はガラスなんですが、持ち運ぶなら、ペットボトルでもいいんじゃない?(ま、細かいことは抜きにして)

このボトルは、通常のペットボトルに比べて、かなり硬いです。しっかりしてます。サッカー選手が渾身の力をこめて握りしめてもグシャっとならない硬さです(ほんと?)。なので、繰り返しつかえます。

ということで、飲んだあとも何かと楽しめるウォーター。
ホオポノポノをやるもよし、水入れて眺めて地中海を感じるもよし、花を挿すのもよし、好きに使えます。あるだけしかありませんが(笑)、良かったらお持ち帰りくださいまし。















...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2015年4月12日

介護とレイキ


レイキはニュートラルなエネルギーなので、どんな癒しの方法とも無理なく馴染むと言われています。そのおかげで、医療や介護の現場で働く人々の間でも密かに広まっているように思います。

ここでは、そういうプロの方ではなく、ご自宅で高齢者介護の最前線に立っている方々のために、自分の経験に沿って介護とレイキについて書いてみたいと思います。どなたかの参考になれば幸いです。

高齢者介護を担っているレイキティーチャーというのもそんなにいないと思いますが、我が家には義母(夫の母)が、遠く離れた実家には実父が生存しております。ともに80代後半で、歳相応に要介護認定を受けています。

介護生活の日々の中で、レイキのありがたさを実感するのは、まず老親へのヒーリング効果。そして、自己ヒーリングによる自分自身のバランス保持です。

まず、老親へのヒーリングから書いていきますね。

レイキは対面でも遠隔でも効果は変わりませんので、同居していない親にもヒーリングできます。

高齢者は一般に、生命エネルギーそのものが少なくなっています。
実父などは、気持ちは超元気ですが、身体はガタガタ。気力で体を動かしてる典型だと思いますが、よくそれで動けるよなぁといつも感心します(笑)。そんな父の不調時にヒーリングすると、まず、詰まっていたものが排出されて身体が軽くなるようです(詳細は省略ね)。そしてしぼんでいた気力が回復して、また元気になります。(気楽なおやじです)

義母には定期的に対面ヒーリングをしています。歳をとると、下半身のエネルギーが少なくなるため、腰から下は特に念入りにヒーリングしますが、エネルギーが吸い取られるように入っていくのが分ります。ヒーリング中は爆睡です(笑)。

年寄りは、はっきりした持病のほかに、様々な不調を抱え込んでいることが多いものです。その不調をいちいち主治医に申告すると際限なく薬が増えるので、そこそこの不調は、我慢しながらやりすごすのが一般的かと思いますが、ヒーリングはそういう不調解消に役に立ちます。

最も効果を感じるのは、やはり気持ちが前向きになること。
年寄りの気持ちを上げるのは、じつはとても厄介です。
気持ちくらいイイじゃない!と思われがちですが、人間て気力で生きてますからね。介護をしているとよく分ります。気持ちが沈むと終わりです。上げとかないといけません。

頭をヒーリングすると認知症に効くとか、そういう実績はまだ未知数です。そこまで積極的に回数こなしていないのでなんとも言えませんが、我が家ではとにかく不定愁訴を解消して気持ちを前向きにする面で効果を感じています。もちろん身体の中の細胞も活発に動き始めます。


レイキの効果を一番感じるのは、なんといっても介護する自分自身についてです。

介護の現場では、介護する者の心と身体の健康を維持するのが最も重要です。
介護者が倒れたらおしまいですからね。

ここでもやはり、身体より心の問題が大きいのではないかと思います。
ムカッとか、イラッとか、ガクッ_| ̄|〇 ...とか、様々な局面で様々な心の反応を経験しますが、そういう心理的反応を穏やかにやり過ごせるのも、セルフヒーリングとレイキの五戒のおかげかなと。


話はかわりますが、春は母の日、父の日があります。
レイキを使える方は、今年はヒーリングのプレゼントなどいかがでしょう。
遠隔ヒーリングにはルールがありますが、ルールにのっとってご両親にプレゼントしてみてくださいね。相手がなにも感じなくても、エネルギーはちゃんと効果を発揮してくれますから大丈夫ですよ。












...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2015年4月6日

レイキを日常生活に落とし込む


様々なクライアント様とお話ししているうちに、気づきました。
どうも、レイキを何かしらオカルトテクニック、サイキックパワーのように取り扱っているサロンが少なからずあるということを。

たしかに、レイキは目に見えないエネルギーですから、摩訶不思議感はあるでしょうが、いまどき、目に見えるものだけを信じてたら、ケータイすら使えませんもんね。

もちろん、レイキ伝授を受けるのは、ショップでケータイ買うのとはあきらかに違います。違うけれども、特別な時にだけ使う特殊技能として秘匿する、という面が強調されるのはいかがなものでしょう。

レイキは、ケータイを使うのと同じレベルで使えなければ、意味がありません。昭和の頃ならいざしらず、良くも悪くもこういうご時世なわけですから。日常的にサクサク使ってなんぼのものだと思います。なんといっても電話機より高額ですしね。(ただし使用料は永年無料) ケータイほどのメリットももたらしてくれないものに、高いおカネ払う必要はありません。

特別な時というのが分らなくてレイキの出番がさっぱりな方、わざわざ使うのがおっくうで使わなくなってしまったという方は、日常的な使い方を教わっていない、あるいは習慣化されてないのかもしれません。これはもったいなさすぎる。

レイキ講座は、ある意味パソコン講座に似ています。
たとえば、文書を作るためワード操作を覚えたい時に、ワードだけを教わるのと、パソコンのシステムから教わるのとでは、応用力がぜんぜん違います。

応用力がつく講座というのは、時間は短くないし、練習は多いし、何かと手間暇かかります。ですが、基礎をしっかり作っておくと、あとが長く使え、深く掘り下げることもできます。うちではこちらでやっております。

話は飛びますが、これも書いておきます。
レイキは大きなメリットをもたらしてくれるありがたいものですが、IT技術と同様、使い方によって、また使う人によって、功罪が大きく分かれます。

自分はレイキに何を求めているのか、レイキを使ってどうしたいのか、どうなりたいのか、そういう問いかけは、伝授を受ける前だけでなく、使い始めてから、あるいはプロになってからも、つねに心に問い続ける課題としてあると私は思います。そうすることで、軸の定まった使い方ができ、自らの人生をますます豊かにすることができます。これこそが活きた使い方といえるのではないでしょうか。






タロット大アルカナ14「節制」
シンプル・イズ・ベスト
無理無駄のない人生を










...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2015年4月1日

4月です


連日、桜に興じているうちに、4月になりました。
プライベートブログには3日にあげず桜画像アップしてますが、ごめん、こっちは放置プレー。

さて、今日はエイプリルフールです。
なぜか、これだけは日本に根づきませんでしたね。

クリスマスやハロウィンやバレンタインはしっかり溶け込んだけど、エイプリルフールって何が楽しいのか、日本人にはさっぱりなわけです。ジョークのセンスが違うというより、そもそも日本じゃ4月というと、桜が咲くわ、新年度になるわで、エイプリルフールなんてふざけてる余裕はない。環境そのものが違います。

ま、そんなことはさて置き、周りの景色が変わった(変わりつつある)という方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。4月はまさに心機一転、新たな季節です。
かくいう桜子も新たなチャレンジをしています。

名づけて「背骨まっすぐプロジェクト」。(なんじゃそりゃ)

背骨まっすぐとレイキエネルギーには、結構深い相関性があります。
ご興味ある方は、いらしたときにでもお尋ねくださいませませ。\(^o^)/






福岡城舞鶴公園多門櫓の桜







...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................