2014年12月26日

家族(肉親)へのレイキヒーリング


年末年始、家族と過ごす時間が増える方も多いと思います。
久しぶりの親兄弟。帰省中の子どもたち。いつもすれ違いの配偶者。
そんな家族とゆっくり顔を合わせる機会に恵まれるのが年末年始です。

レイキヒーリングの七不思議のひとつ。(いや、いくつあるのかは正確には知りませんが)
それが「家族に対するヒーリングの難しさ」です。

え、どういうこと? 家族が難しいって何それ?

じつはですね、皆さん、けっこう、家族には内緒で伝授講座を受講してたりするわけです。
説明したって理解できないし、誤解を生むだけ・・・という感じでしょうか。

それ以外にも、家族ヒーリングには、様々なハードルがあります。

ハードル1:思い切ってヒーリングを申し出ても「ワケ分からんことやめてくれ」と拒否される

ハードル2:とりあえずヒーリングを始めたが、お互いああだこうだとワガママが出て、うまくいかない

ハードル3:大事な家族のためと思うあまり、何が何でも効果を出そうと力み過ぎて、うまくいかない

私はすべてのハードルを体験しました。
家族ヒーリングは、まず、家族の理解を得るのと、コツをつかむのに苦労します。
ですが、そのハードルを越えると、最も身近で遠慮なくできる相手ですから、あとは、とてもやりやすくなります。

自分自身のヒーリング能力に自信がついてくると、あれこれ言われても動じなくなるし、
ヒーリングを受けて効果を実感した家族が1人でもいると、芋づる式にリクエストがきます。

遠方の家族には、就寝タイムを狙って、遠隔ヒーリングをしてあげます。
遠隔ヒーリングは、他人へ送る場合、必ず了承を得てからでないとできませんが、
家族の場合はOKと言われています。
それでも、運転中や会議中など、集中すべき時に送るのはご法度ですから、
私はいつもお休みタイムを狙って送ることにしています。

家族ヒーリングに手こずってらっしゃる方、この休みに、勇気をもってハードルをひとつ飛び越えてみてはいかがでしょうか。












...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2014年12月22日

朔旦冬至のエネルギーはすごい


19年に一度のスペシャルな冬至だった今日、みなさま、しっかり未来に関する意識設定、されましたか?

今日の昼間は、想像を絶するエネルギーが来てましたね。
サロンでの講座も、頭がクラクラするほどのエネルギーに全身を貫かれました。
19年に一度ですから、私は初体験です。生徒さんも初体験です。
マジ大変でした。(+_+)

こんなスペシャルな日に、特別にエネルギー調整されたサロンで、ヒーリングやら瞑想やらできたことに本当に感謝です。素晴らしい日になりました。

夜もまだスペシャル感は続行中だと思いますので、どうぞ、セルフヒーリングや瞑想や祈りを楽しんでください。













...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2014年12月16日

2014年12月22日は朔旦冬至

「朔旦冬至」ってなに?
というか、第一、読めません・・・

「さくたんとうじ」と読むらしいですよ奥さん。

ご存じのように12月22日は新月でもあります。冬至と新月が重なるのは19年7ケ月ごととか。
この重なった日を「朔旦冬至」といいます。

要するに、今年の冬至は超スペシャルな日ということです。
この日にヒーリングやアチューンメントを受けられる方は最高にラッキーですね。

思い出してください。数年前、マヤ暦終了この世の終わりで盛り上がってたのも冬至でした。
冬至は何かと意味深いわけです。

私なんかは、冬至というと、冬の底、寒さも底を打ったような冷たい日をイメージしてしまいます。新月も、月のない暗い夜をイメージしがちですが、終焉は再生の始まりでもあるわけです。

終焉(=再生)がふたつも重なる「朔旦冬至」は、だから、最高におめでたい日ということになります。どれだけスペシャルでおめでたいかというと、たとえば、

例1:持統天皇は「朔旦冬至」に、国家の弥栄を願い盛大な祝宴を催したと言われている。 
例2:伊勢神宮の「式年遷宮」が20年に一度行われるきっかけとなったのではないかという説もある。

冬至の日を祝う行事としては、
①柚子湯 ②小豆粥 ③なんきん・れんこん・うどんなど「ん」の付く食べ物を食べる・・・
などがあります。
クリスマスの起源も冬至祭(ユール)だと言われております。
クリスマスケーキでも立派なお祝いになりますね。

そんな特別な今年の冬至。
ユズやアズキやカボチャやケーキがなくても、お部屋でヒーリングミュージック+瞑想orセルフヒーリングを是非お楽しみください。きっと素晴らしいメッセージがおりてくるはずです。

また、冬至を迎えるまでに、今後の我が身のふり方など、方針や目標をしっかり設定しておくと、今後、はらった努力は、必ず豊かな実りとなって還ってきます。なんといっても、19年ぶりの強力な新月ですから、「新月の祈り」効果もハンパじゃないと思いますよ。












...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2014年12月10日

レイキにパワーを求めること


レイキのパワーは、強ければ強いほどいいと思ってる方がいらっしゃるかもしれません。

恥ずかしながら、初めて伝授を受けた当時の私がそうでした。
手から出るエネルギーは量こそ勝負、エネルギーが強ければ強いほどヒーリング力が上がる!なんてね。

強さだけを求めるなら、どこまで行ってもキリがありません。
それこそ、ドラゴンボールの世界です。あれはレイキとは真逆の世界ですよね。
癒しではなく闘い。

レイキのエネルギーは強さより、精妙さ、微細さ、優しさが特徴です。
これがないと癒しのエネルギーになりません。

もともと人間の手には癒しのパワーが宿っています。おかあさんの手のぬくもりを思い出してください。あのハンドパワーは、けっして刺激的で強烈なエネルギーではなかったはずです。レイキは、誰もが使えるあの優しい波動です。

ですが、優しいエネルギーを出すのは、じつは強くするより難しい。
使い手に愛がないといけませんから。

愛ぃ~!?  (´・ω・`)

これ、苦手な人、意外と多いですよね。自分の愛のレベル(レベル??)をアップするには、日常的で些細な人間修業を積み重ねないといけませんから。自分を愛し、認め、人を許し、受け容れる。そんなややこしいことするより、アレやらコレやら使って、派手にパワーアップトレーニングに励んだほうが、楽だし面白いですもん。

しかし、強さや激しさだけを追い求めると、レイキの本質を見失ってしまうかもしれません。
レイキのパワーアップをはかるなら、強さより、精妙さ、優しさ、微細さを追求するのが王道でしょう。量より質。上質なエネルギーがたっぷり流れる。目指すのはここ。












...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2014年12月5日

ヒーリングミュージック17 免疫力活性のための音楽


この秋購入したヒーリング用CD。思いのほか良かったのでご紹介します。



タイトルはなんとなく大袈裟ですが、音楽そのものは、めちゃくちゃクセがなくて、終日、BGMで流しっぱなしにしてても、まったく問題ないくらい爽やかです。就眠用にも使えるし、セッションにも勿論OK、勉強や仕事もサクサクはかどりますよ。


8曲はいってます


内容紹介


リラックス効果と免疫機能改善を検証したグラフも掲載してあります

ヒーリングミュージックは、下手すると眠気を催すものがありますが、これはまったくそれがない。実際に免疫力がアップしてるかどうかは定かじゃないけど、心地良さはピカイチですよ。


※関連過去記事
ヒーリングミュージック16 ワーリング~炎と光~ オーラ
http://inoxsakurako.blogspot.jp/2014/02/blog-post_26.html

...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................