2013年4月29日

レイキヒーリング施術中の感覚

レイキヒーリングを受けているときの感覚は人によって違う、ということは「レイキ施術」のページにも書きましたが、多くの方が「温かく感じた」「手がカイロみたいだった」など、熱感を覚えるようです。これ、一見、当たり前みたいですが、よく考えると「なんでかなぁ」と思いません?

じつは、昨日もそんな感想をいただいて、そういえばなんでだろ?と、とっさに考えてしまいました。

手のひらが、カイロなみに熱々ってわけじゃないんですよね。
ヒーラーの手のひらの温度もたしかに多少は上がりますが、ヒーリー(ヒーリングを受ける人)が感じる熱さは、手のひらの温度じゃありません。

どうもそれは、手のひらから放出されたエネルギーが、ヒーリーの体の細胞の素粒子に接触し、働きかける際に生まれる熱なんじゃないかと思います。

科学的に、もっと正確に、分かりやすく解説した方がいらっしゃるのかもしれないけど、いまのところ、私はこういう理解をしています。高次のエネルギーは温かいもんだ、という雰囲気論だけじゃ納得いきませんもんね。皆さんはどうお思いになりますか。

また、レイキエネルギーは、じつは、ただ流すだけってわけでもないんですよね。ヒーラーの念でコントロールはしませんが、レイキエネルギーの種類もいろいろありますから、どこにどういう種類のエネルギー(シンボル)を使えば最も効果的に癒せるかということは、あらかじめ、だいたい予定を立てておくのが一般的です。(少なくとも、私はそうしてます)

そのうえで、実際、手を当てた時に「ヒビキ」を感じて変更したり、直感的にこれだ!と思ったものに変更したりしながら(レイキの導き)、ヒーリングしています。ゲストにとって最高の結果が出るよう、蔭ながら、涙ぐましい努力と工夫を毎回かさねております(笑)。

なので、使うエネルギーの種類によって、逆に涼しく感じたりすることもあるわけです。頭がヒートアップしている時、それ以上、熱くなりたくないですもんね。

また、ごくまれに、全身に冷たさを感じる方もいらっしゃいます。
前回は熱く感じたのに、どうして今回は冷たいのかしら?と、ご本人も不思議なようですが、体調により感覚は変わるようです。

どういう場合でも、臨機応変に対応しますので、安心してお越しくださいね。












...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2013年4月25日

ウスイレイキの創始者臼井甕男師について


臼井甕男(ウィキペディアより)
ウスイレイキの創始者臼井甕男(ウスイミカオ)師はどのような人物だったのでしょうか。ちょっとご紹介しておきましょう。

師については、欧米の書物などでは、様々な「伝説」が紹介されていますが、菩提寺である西方寺(東京)の「臼井先生功徳之碑」が、今のところ、最も正確な資料と考えられているので、少々長くはありますが、ご紹介しておきます。
この碑文は師の逝去(1926年)翌年に門下生によって建立されたそうです。



碑文の現代語訳。(Webサイト「レイキの現在」より引用転載)

 修養と練磨によって自然に身についたものを「徳」といい、指導と救済の方法を広めて実践することを「功」という。功が多く徳の大きい人こそ、初めて偉大な開祖ということができる。古来から賢人や哲人、英才などで、新たな学問を興したり宗派を開いた人は、皆そのような人であった。臼井先生も、またその一人ということができよう。

  先生は新しく「宇宙の霊気に基づいて心身を改善する方法」を始められた。四方から噂を聞いて療法を学びたいという人や治療を受けたいと願う人たちが、一斉に集まってきた。まことに盛んなことであった。

 先生は通称を甕男、号を暁帆といい、岐阜県山県郡谷合村の出身で千葉常胤(平安末期から鎌倉初期に活躍した武将)を祖先とする。父の実名は胤氏で通称は宇左衛門、母は河合氏から嫁いでいる。先生は慶応元年八月十五白に誕生。幼時から苦学しながら努力して勉学に励み、その実力は友人たちを遥かに超えていた。

 成長の後、欧米に渡航し中国に遊学した。
しかし、出世という点では実力通りにいかす、不運でしばしば生活に困窮したが少しもひるまず、ますます鍛練に励んだ。

 ある日、鞍馬山に登って食を断ち苦行を開始したが、二十一日目に至って突然、一大霊気を頭上に感じ、悟りが開けると同時に霊気療法を得た。これを自分の身体で試し、家族にも験したところ、即座に効果が現れた。先生は「この力を家族で独占するよりも、広く世の中の人に授けて喜びを共有するほうがよい」といわれ、大正十一年四月、東京青山原宿に住居を移され、学会を設立して霊気療法を公開伝授され、治療も行われた。遠近から集まって、指導や治療を求める人の列が戸外にあふれた。

 大正十二年九月、関東大震炎による火災が起こり、けが人や病人が至るところで苦しんでいた。先生はこれを深く憂慮され、毎日市中を回って治療された。これで救われた人の数はどれほどであったか、とても教えることはできない。この緊急事態に際し、苦しむ人々に愛の手を差し伸べられた先生の救済活動は、おおむねこのような状況であった。

 その後、道場が狭くなったため、十四年二月、市外の中野に新築移転した。先生の名声はいよいよ高まり、全国各地から招かれることが多くなった。その求めに応じて呉にいき、広島へ向かい、佐賀に入り、福山に至る。この旅先の宿で、はからずも病にかかり、享年六十二歳をもって逝去された。

 配偶者は鈴木氏から嫁いでおり、名前は貞子、一男二女がある。
男の子を不二といい、臼井家を継いでいる。

 先生の生来の性格は温厚で慎み深く、うわべを飾らず、身体は大きくがっしりとして、常ににこやかに微笑を含んでいた。しかし、事に当たるときは明確な意志をもって、しかもよく忍耐し、極めて用意周到であった。非常に多才で、読書を好み、歴史や伝記、医学書、仏教やキりスト教典、心理学、神仙の術、呪術、易学、人相学に至るまで、すべて熟知されていた。思うに、先生の学芸経歴が修養練磨の基礎となり、修養練磨が霊気療法開眼の鍵となつたことは、だれがみても明らかである。

 顧みれば、霊気療法の主眼とするところは、単に病気を治療するだけでなく、天与の霊能によって心を正しくし身体を健康にして、人生の幸福を味わい楽しむところにある。ゆえに人に教えるに当たっては、ます明治天皇の遺訓を体得させ、朝夕五戒を唱えて心に念じさせている。

 五戒とは、一に今日怒るなかれ、二に憂うるなかれ、三に感謝せよ、四に業を励め、五に人に親切なれ。

 これは実に、修養のための大切な教訓であり、古来の聖賢が自らを戒めたものと同じである。先生はこれをもって「招福の秘法――万病の霊薬」とされ、教えの目的を明確に示されている。しかも指導方法は、できる限りわかりやすいことを主眼とされ、少しも難解なところはない。静座合掌して朝夕念じ唱えることに、純粋かつ健全な心が養われ、それを日常生活に活用させるところに神髄がある。これが霊気療法の、だれにでも普及しやすい理由である。

 最近は世相の移り変わりが激しく、人々の思想の変動が少なくない。
幸いに、この霊気療法を普及させることができれば、世人の道徳心の乱れを救うために、少なからず助けとなるにちがいない。決して、長期疾患や持病悪癖を治療する利益だけではない。

  先生の教えを受けた門下生は、すでに二千余人に達する。
その内、高弟で都下にいる者は道場に集まって遺業を継ぎ、地方にある者もまた、それぞれ霊気療法の普及に努めている。先生は逝去されたが、霊気療法は氷く世に伝え、広めなければならない。ああ、先生が自ら感得され、それを惜し気もなく人々に与えられたということは、なんという偉大なことであろうか。

 このたび、門下の諸土が集まって相談した結果、石碑を菩提寺の墓に建ててその功徳を明らかにし、後世に伝えることとなったので、碑文を私に委嘱された。私は先生の偉大な功績に深く感服し、さらに諸士が師弟の緑を大切にする心に感じ入り、あえて辞退せずにその概略を記述した。
これにより、後世の人が感嘆して仰ぎみることを忘れることのないよう、心から切望するものである。

   昭和二年二月
           従三位勲三等文学博士    岡田 正之 撰
           海軍少将従四位動三等功四級 牛田従三郎 書



...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2013年4月22日

魔法のお白湯(さゆ)最強デトックス!

レイキとはまったく関係ない話ですが、心身の浄化というサロンコンセプトに合致した内容なので、こちらのブログにアップしますね。

さて、お白湯毒出し健康法ってご存じでしょうか?
知ってるけど試したことない?

じつは先週、家族が「お白湯がいいらしいよぉ~」と言い出したので、我が家でも白湯を作って飲んでみることにした。

作り方がちょっと凝ってるのねこれ。普通の白湯じゃありません。
もともとアーユルヴェーダの健康法なので、3つのドーシャのバランスを完全に整えて作らないといけない。3つのドーシャとはヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)。

作り方は、まず浄水器を通したきれいな水とやかんを用意。
やかんは、可能なら、お白湯専用のをひとつ用意して。













やかんに水を入れて、コンロの火にかける。(IHや電子レンジは火を使わないので不可)

換気扇も回す。(風を起こす)

水が沸騰したら蓋をとって、さらに10分~15分ほど沸騰させる。
その際、大きな泡がブクブク立ってるくらいの火加減にする。(風を入れている)

こうして作った白湯は、風火水の3つのドーシャが完全に整った魔法のホリスティックドリンク!



風(ブクブクしてます)

さて、湧いた白湯を飲めるくらいの温度にして、すするようにゆっくり飲みましょう。
残りは保温ポットに入れてね。

飲み方は、朝一番に飲むのと、3度の食事の最中に飲むのが効果的な飲み方。
あとは喉が渇いたタイミングで飲む。冷めたら効果なし。沸かし直しも効果なし。
1日に飲む白湯の量は700~800ml程度。
飲みすぎると必要な成分まで排出してしまうので要注意。

詳細は『白湯毒出し健康法』蓮村誠 PHP文庫をご覧ください。

でですよ、この白湯を作って、まる一日飲んだところ…
な、なんということでしょう…

翌日、お腹に激痛が走って、その日はトイレが住所になってしまいました…
出るものがなくなっても、まだ腹痛は続き、下から出ないなら上からと、ひどい吐き気まで…
トイレで苦しみながら、こ、これは一体何に当たったの??と思いだしても、心当たりナッシング。心当たるのは白湯のみ。

くぅぅ~これが噂の好転反応ってやつですかい…

さいわいにも、恐るべき好転反応は丸一日で収まり、その次の日は台風一過の爽やかさ!お腹は超快調で、本に書いてあるとおり、「アーマ(未消化物・毒素)」が抜けきった感じがした。白湯が甘くておいしくて、余計なものはなにも食べたくなくなり、ビールもなし、過食もなし。便通も快調で、本当に内蔵から不要物を出してくれて、体全体を温めてくれる感じがする。特に、朝一番に飲む白湯は、まさに胃腸のお風呂。アーマをきれいに洗い流して、水分補給してくれる。

お白湯ひとつでこんなすごい効果があるなんて、わざわざ西式断食道場まで行った私の努力っていったい… と思ったくらい感激的な魔法の飲み物。その名は「おさゆ」!

ただ、本を読んでも、私みたいに劇的な好転反応に苦しんだ人はいない模様。
人によって反応の出方はそれぞれだと思うけど、なんの元手もいらずできる白湯健康法、だまされたと思って一度お試しあれ。
ちなみに、夏場は塩をひとつまみ入れると、熱中症対策にもなりますよ。


...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................





2013年4月13日

思いは実現する(実践編)

この記事は、「思いは実現する」
http://inoxsakurako.blogspot.jp/2013/04/blog-post_7.html
の続編です。

すっかり間があいてしまいました(涙)。
何を書くつもりだったのか、じつは忘れかけております…
うん、でも頑張って初志貫徹いたしますわ。(`・ω・´)キリッ

成功哲学では「思いは実現する」「思考は現実化する」と言われます。
古典的なニュートン力学の世界観からみると、そんなアホなwww ふぁんたじ~?レベルの考え方ですが、最先端と言われる量子力学からみれば、人間をとりまく現実は、人間の「考え」「思考」「思い」「イメージ」で形作られていると考えられるわけです。

そもそも「思い」や「イメージ」って何だと思いますか。
目に見えるものしか信じない人でも、自分の思考やイメージが「ある」ことは否定できませんよね。でも、それらは決して目には見えません。脳を解剖したって、あなたの「思い」は出てきません。

思考やイメージは3次元存在ではありません。別の次元のものです。

で、我々の世界ってのは、我々の思い、思考、イメージが作ってるわけです。
ある意味、これは集団幻想というか共同幻想というか、みんなで合意して作ってる世界です。宇宙から地球をながめても国境なんて見えないのに、国境あるのは当たりまえ、ない世界なんてありえない!と思っているのもそのひとつ。近頃はあり得ると思う人が増えたから、そのうちそうなるでしょうけど。寿命はせいぜい120年とかいうのも同じです。200年無理やろ~と思ってるうちは無理でしょう。

そんなこんなで、「思い」の力、侮るべからず。

個人的な世界に関しても同じことが言えます。

ただ、「思い」と「執着」はまったく別物です。
「執着」しているとき、心はかなり緊張しているはずです。
緊張すると自然な流れが阻害され、善いものは何も生まれません。
逆に、たとえば楽しいことを思うとき、緊張するでしょうか?
きっと完全にリラックスして、ホカホカした温かい気分になっていると思います。

この気分が大切なんですね。
こういう温かい気持ちのとき、「思い」は叶いやすくなる。
自分自身の最深奥部とつながれるから。
自然にこれができる天然お気楽なタイプは幸運です。
ラッキーな人って、多かれ少なかれ、楽天家ですよね。

一方、悲観的に物事を考えがち、いつも慎重、怖がり、真面目すぎて完全にリラックスできない、こういうタイプの人は、いくら「思い」を念じても、なかなか現実化しにくいように思います。必要なのは、まず心の緊張を解くことです。

心の緊張を解く方法には様々あります。

レイキもそのひとつです。ヒーリングのご感想↓にもあるように、
http://inoxsakurako.blogspot.jp/2013/03/blog-post_4.html
レイキのエネルギーを通すと、心身の芯からリラックスできます。心と身体がゆるむと、今まで流れを阻害していた不要物が、少しずつ解けて流れ出ていきます。ヒーリングを続けると、今までの思い癖、考え方、動き方など、様々なことが善い方向へとシフトしていきます。自然にそうなります。

必要な時に必要なだけヒーリングしたいと思うなら、伝授を受けて、自分でヒーリングできるようになると手っ取り早いです。おカネの節約にもなります。いやほんとに。

レイキのいいところは、毎日頑張ってエクササイズを続けなくてもいいところです。
これはある意味「いい加減」「楽天的」な態度の実践にもなります(笑)。
ガチガチ頑張る必要はまったくなく、自然体で身に付けられ、一生使えます。

レイキを身につけると、自分自身のエネルギーレベルも上がるので、いわゆるハイヤーセルフともつながりやすくなり、思考の現実化はますます加速します。
今の時代、この現象はさらに起こりやすくなっているので、古典力学の世界から抜け出して、量子力学の世界に生きてみるのも楽しいかもですよ(笑)。
















...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................


2013年4月7日

思いは実現する

むかしむかし、あるところに…

いやいやこれは昔の話ではなく、21世紀のお話です。

21世紀の日本のあるところに、お爺さんが住んでおりました。
お婆さんはもう亡くなっておりましたが、お爺さんは、娘の家族と一緒に毎日元気に楽しく暮らしておりました。

仕事をしていた頃は、体力づくりなど無縁の生活でしたが、引退してからは、近所のスポーツセンターに毎日欠かさず通ってトレーニングを重ね、メタボも解消いたしました。生まれ変わったようにスリムなスポーツマンになったお爺さんは、また、歌も大好きで、毎朝の日課はスクワットと呼吸法とカラオケの練習です。こんなに元気で陽気で、しかも誰にでも親切なお爺さんは、仲間にも恵まれて、毎日楽しく暮らしておりました。

ある日、お爺さんは鏡を見ながら、こう思いました。
「顔のシワがなけりゃ、もっと若く見えるのになあ」
お爺さんは、なんとかして、シワを取りたいと考えました。

そんなある日、新聞に○○美容整形外科の広告を見つけました。
「おっ、これこれ。美容整形でシワ取りしてもろたらどうやろ。ここをこうリフトアップしてもろて…」
お爺さんはその広告を切り抜いて、毎日眺め暮しながら思案しておりました。

お爺さんとて、美容整形が高額なのは百も承知しておりました。
年金生活のワシにはこたえる金額に違いない…

また、この歳で、しかも男で、美容整形を受ける不自然さも承知しておりました。
それで、なかなかそのクリニックに足を向けることができませんでした。
冗談まじりに、同居の娘達に言うと「なにを馬鹿な」と呆れられたりしましたので、なおさらお爺さんは悩んでしまいました。


ある日のことです。晴れ渡った気持ちのいい日曜でした。

お爺さんは、繁華街にあるショッピングセンターに買物をしに、地下鉄に乗って出かけていきました。
朝10時の開店を待って、一番に店に入り、さっさと買い物を済ませました。
朝一番はお客もほとんどおらず、買い物はあっさり終わってしまいました。
買い物袋をぶら下げて、エスカレーターに乗って下りようとしたところ、なんということでしょう。
真ん中あたりまで下りたところで、よろりとバランスを崩し、一気に下まで転げ落ちてしまったのです。

あまりのことにビックリしたお爺さん、何が起こったやら分からず、しばし呆然と転がっておりました。が、なにやら生温かいものが顔を伝うので、ふと手でぬぐってみると、なんと顔一面に鮮血がほとばしっているではありませんか!

あたりを見回しても、お客はおろか、店員の姿もありません。
お爺さんは立ちあがって、そそくさと店をあとにしました。
一刻も早く、その場を立ち去りたかったのです。
ヨボヨボしてエスカレーターから転げ落ちたなど、恥ずかしくてプライドが許さなかったのでしょう。

外に出ると、流れる血をハンカチで押さえながら、病院を探しました。
いつもなら、開いている病院がすぐ見つかるはずの繁華街ですが、あいにく今日は日曜日。
ああ、開いているところはないか……

「そうだ、あの美容外科は日曜でも開いてた!」

お爺さんは毎日見ていた広告で、場所もすっかり覚えてしまっていました。
しかも、うまい具合にすぐ近くです。お爺さんは、いそいでクリニックに駆け込みました。


美麗な美容整形の受付に、どうみても不似合いな血だらけの老人が駆け込んできたのです。係の女性の驚きは、いかばかりだったでしょう。

「エスカレーターから落ちて怪我をした。手当してくれんか!?」

お爺さんは藁をもつかむ思いで頼みましたが、女性は不審な老人を見ながら型どおりにこう答えました。

「うちは美容整形なので、申し訳ありませんが、怪我の手当はちょっと…」

お爺さんはひるみません。

「あんた、年寄りがこんなひどい怪我して来てんのに、治療できんって、そらないやろ! 美容でもなんでも、外科は外科やろが!」

受付でワアワア言い合っているのを、院長先生が聞きつけました。
先生は出て来て、確かに、そりゃあまりな話だと思い、
「普通の外科じゃないので、どこまでできるか分かりませんが、よろしい、治療しましょう」ということにあいなりました。


お爺さんの顔の出血は、両方のこめかみが、数センチにわたってぱっくり切れているのが原因と分かりました。

院長先生は、絹のような細い細い糸を使って、傷口を丁寧に縫い合わせていきました。手術が終わって、先生はこう言いました。

「ついでにリフトアップしときましたから」

「(゚◇゚)?……(≧▽≦)」

支払いは、もちろん後期高齢者の治療範囲です。


顔面にガーゼ貼り付けてうちに戻ったお爺さん、
家族の問いには「うん、ちょっと転んでな」とだけ答えたそうな。
よく転ぶので、家族はとくに不審にも思いませんでした。

で、抜糸が終わってから、お爺さん、すべてを家族に打ち明けました。

「どや、シワなくなってるやろ?」

家族は開いた口がふさがらなかったということでございます…



誰の話って?
実家の父ですわよ。

あ、レイキの落ちを書く余裕がなくなっちゃた。
続きは次回に!

to be continued...


気楽坊













...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................

2013年4月5日

部屋の浄化-サロンやショップにも

 
 
新年度になり、引っ越しをされた方も多いと思います。
今日は、入居時の部屋の浄化ということについて、書いてみますね。

このサロンの開店準備日記にもチラっと書いてありますが、入居したら、部屋は浄化したほうがいいです。前の住人の残留思念が色濃く残っている場合もありますし、長期間空き家だったら、姿なき者達の集いの場(笑)だった可能性もあります。そんなこんなで、とりあえず浄化!ってことになるわけです。

浄化は、難しいもんじゃありません。

ただ、忘れちゃいけないのは、心構えとして、この部屋は自分のものだ!という確固とした決意・自覚を持つこと。これが一番重要です。お化けや前住人の残留思念におびえて、こわごわ、恐る恐る、へっぴり腰ではいけません。この部屋の主は私だっ!と宣言してから行いましょう。これだけで、余計なエネルギーはかなり消えてなくなります。

で、やり方ですが、まずは窓を大きく開け放って、新鮮な空気を招き入れます。
空気の中にある有用なモノは酸素だけじゃありませんよ。レイキでつかう気(氣・スピリット)も空中にありますからね。色んな有難いものを含んでいる空気と、明るい太陽のエネルギーを部屋いっぱいに満たしてください。

はい、次に、拭き掃除で~す。

掃除は掃除機だけじゃいけません。浄化目的なら、必ず、隅々まで水拭きしましょう。
バケツの中に荒塩をひとつまみいれて、室内隅々まで綺麗に拭きあげてください。
玄関のたたきも水拭きですよ。ドアも拭きましょう。旅館の玄関みたいにピカピカになったら合格! いいご縁が玄関からたくさん入ってきます。バスルームや台所など、水っぽいところはヘンなものが溜まりやすいので、特に念入りに。健康美容運、金運にかかわりますしね。

入居前の業者によるルームクリーニングを拒否することはありません。大いに利用してください。専門家ならではの掃除をしてくれます。そのあとがあなたの出番。「きれいになあれ、きれいになあれ」と念じながら、しっかり自分の手で拭き掃除。

あ、掃除は嫌いだからといって、これまで人にしてもらうのはNGです。あなたの部屋ならあなたがしましょう。した人の思いがこもりますからね。

これだけしたら、かなり達成感があるはずです。
どう考えても、こんなピカピカの部屋に変なものは居続けられませんよね。
拭き掃除は、お部屋とのタッチコミュニケーションでもあります。手を使って掃除をしてあげると、すぐに仲良くなれます。

で、仕上げです。

仕上げは、自分ができそうなもの、好みに合うものを選んでやってください。組み合わせてやるのも効果的です。本に書いてあったからといって、ピンとこないものを無理してやるのはいけません。直感で、これがイイ!と思うものでやりましょう。それがあなたの浄化方法です。

①マントラを唱える。(不動明王や観音菩薩の真言、神道の祓詞など)

②お香を焚いたりアロマを香らせる。(好きな香りで。アロマのお薦めはティーツリーやセージなど)

③キャンドルを灯す。(好きな色と形で)

④部屋中にアロマウォーターをスプレーする。(好きな香りで)

⑤音を鳴らす。(ティンシャベルやクリスタルチューナー、クリスタルボウル、鈴、かしわ手など)

⑥レイキのシンボルを、部屋の四隅・天井・床にかける。

おススメは⑥です(笑)。
ウスイレイキのパワーシンボルは強力な浄化パワーを持ち、自宅はもちろん旅先の宿でも使える応用範囲の広い重宝するシンボルです。

もっと強力に浄化したいときは、カルナレイキのシンボルがおススメです。
ウスイのパワーシンボルより、さらに徹底的に浄化してくれます。

で、室内をすっかりきれいに浄化したあと、必要なエネルギーを満たします。
これはさらに専門的になるので、詳細は講座で。

レイキのシンボルによる浄化は、入居者だけでなく、建物や部屋を扱う仕事(不動産、建物管理、清掃)の方にとっても重宝するシンボルです。ショップやサロンの空間の浄化にも使えますよ。邪気を祓い、余計なクレームを減らすのに大いに役立ってくれるでしょう。

遠隔シンボルを使うと、わざわざ現地に行かずに浄化作業をおこなうこともできます。
これはさらに技が要るので、レイキをきちんと習って、十分使いこなせるようになってからがおススメです。(*^_^*)



...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................




2013年4月2日

アーユルヴェーダのヘッドマッサージ、シロアビヤンガ講座追加しました

※この講座は2013年9月より、完全裏メニューとなりました。
ご興味あるかたは、予約フォームのお問い合わせからご連絡ください。
記事はこのまま残しておきますね。


シロアビヤンガShiroabhyangaとは、アーユルヴェーダのヘッドトリートメントで、オイルを使って頭部全体をマッサージする手技です。マッサージ時間は10分~15分程度ですが、頭のツボを刺激することで頭がすっきりし、とてもリフレッシュした気分になります。髪もつやつやになります。
 
また、頭皮と顔の皮膚や筋肉はつながっています。ヘッドにアプローチすることによって、顔のシワやたるみも劇的に防ぎます。顔面の緊張もゆるみ、ほっこりしたやさしいお顔になります。

頭部なので手軽にできるうえ、セルフトリートメントのみならず、親子、夫婦、親しい人とのタッチコミュニケーションとしても効果的な、とても重宝する手技です。ふだん反抗的なお子さんでも、ヘッドトリートメントなら喜ばれるのではないでしょうか。これで親子関係が改善したという話も聞きます。サロンでしてもらうのも気持ちいいものですが、自分でできるように、学んでみてはいかがでしょうか。

きらりでは、オイルはメイドインジャパンのセサミオイルを使用します。インドのセサミは、少々癖のある香りがしますので、無味無臭の日本製の優れたオイルを使うことにしました。アトピーの方でも大丈夫なようです。(オイルが切れている場合は、グレープシードオイルなどを使用します。ご了解ください)

蛇足ながら、施術者の桜子は2006年、インドのマイソールにあるIVACというアーユルヴェーダのセンターで、トリートメントのトレーニングコースを修了し、アビヤンガ(ボディ)とシロアビヤンガ(ヘッド)のディプロマを取得いたしました。

アビヤンガは全身マッサージなので、習得には時間がかかりますが、頭部だけのシロアビヤンガなら、数時間で大丈夫と思うので、体験がてら、受講してみてはいかがでしょうか。修了証書などは発行しませんが、覚えて損はない手技だと思います。私自身も、暇をみつけて、しょっちゅうセルフトリートメントしています。

講座の流れとしては、トリートメントの流れをざっとつかんでもらうために、まず、ゲスト様にトリートメントいたします。それから、実技にはいります。わかりやすいオリジナルテキスト付きです。

お一人で来られた場合、私の頭をモデルとして使ってもらいます。
モデルさんを連れて来られた場合は、モデルさんの頭で練習させてもらいます。
お二人とも受講なさる場合は、お互いモデルになりあいます。

ただし、頭がオイルまみれ(笑)になりますので、帽子などお持ちになって、そのままかぶってオイルパック状態でご帰宅いただくことになります。(洗髪設備はありません)

インドでは数時間(数日間?)そのままにしているようです。オイルが髪に浸透して、より艶々になりますよ。ただ、メイクなどは落ちてしまうので、来られる時は極薄化粧がよろしいかと思います。

オイルまみれで帰るのはヤダッと思われる方には、ごく少量のオイルで体験していただきます。また、まったくオイルを使わず、ドライマッサージでも体験できます。

ボディマッサージのアビヤンガに挑戦したい方も、お気軽にお問い合わせください。


IVACの修了式のあと、若いドクターと。
デジカメなんて触ったこともなさそうなセラピストさんが
ふるえながら撮ってくれたので、ボケてます。
 
より詳細な説明はこちら
http://inoxsakurako.blogspot.jp/2013/07/blog-post_12.html


...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................