2017年6月25日

前世物語

ちょうど今日の講座で過去世の話が出たので、すごいシンクロだなと感激して、この記事を書きあげることにしました。

魂の転生なんか信じない方にはマユツバな話ですが、単なるお話として楽しんでくださいね。

むかし、まだレイキのレの字も知らなかった頃、霊能者さんの鑑定を受けたことがあります。後ろにいる守護霊軍団も見えるとかいう話だったので、タロット占い師としてやっていけるか?という相談も兼ねて、行ってみました。(起業相談がおまけというのも笑えますが)

守護霊軍団を教えていただいた後、どういう経緯か、前世の話になりました。

私の直近の前世は、室町時代か戦国時代ごろの京都の尼さんらしいです。

彼女はもともと公家の生まれだったけれど、武家の男性に嫁ぎました。
ところが、まだ子供もできないうちに、夫が戦で戦死してしまいます。
夫を深く愛していた彼女は、再婚など考えられず、若い身空で出家。
京都の山あいにある尼寺で、静かに隠遁生活を送ることになったそうです。

隠遁したとはいえ、夫とつながる幅広い人間関係を持っていたので、戦闘で疲れた心を癒しに、彼女のもとを訪れる武士が多かったらしい。武士たちは彼女の寺にやってきて、深い木々の緑と穏やかな彼女のオーラで癒され、下界にもどって行きました。そんな評判が評判を呼び、癒しを求める武士たちが後を絶たなかったということです。


霊能者による解説:この前世ではたくさんの人たちを癒したけれど、一般庶民はひとりもいなかった。今世では特別な人々ではなく、一般の人々を癒したいと彼女(=私)の魂は思った。

さらにその前の前世は、遊牧民の医者だそうです。こちらは男性。

遊牧民というと、ユーラシア大陸の真ん中、モンゴルからバルカン半島にいたる乾燥地帯に生息する騎馬で旅する民族を指しますが、どこという地域の特定がなかったのが、ちょっと残念でした。

遊牧民とて病気になるし、怪我もする。それを治す医者だったそうです。
この医者自身も非定住者で、家族もなく、自由に移動しながら治療していたらしい。
その当時の医療というと、自然医学かなんかなんでしょうか。
ブラックジャックみたいな医者をイメージしたくなりますが、いやきっと、痩せた真面目な男性だったんでしょう。ブラックジャックみたいに自信満々じゃなかった感じがします。


霊能者による解説:この前世では多くの人々の身体を癒したけれど、心の癒しはしなかった。次の人生では心を癒すのを目的とした。そして次の尼さんに続く。

レイキヒーリングなど思いもしてなかった時期に、「癒し」をキーワードに語ってくれたこれら過去世の物語は、出来すぎた話として私の記憶に残りました。が、今となっては、なかなかの鑑定だったなと感心しております。ありがとう!

さらに、これらふたつの前世に共通しているのは、ふたりとも自分の家族を持たなかったということ。だから、あなたは今世で自分の家族を作って、家族というものを経験するのを目的として生まれてきたんですよ、と言われました。
うん、これはすごく当たっていると思いましたね。反論しようもない。喜びも悲しみも、すべて家族がらみですわ。(*_*;

さて、あとあと気づいたことは、直近の前世が室町時代って、昔すぎるんやない?
昭和まで、私の魂はいったいどこに・・・

ふふ、それもだいたい察しはついてるんですけどね。



..................................................

きらり メニュー・アクセス・お問い合わせ
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html

きらり別館桜子日記  http://inoxsakurako.hatenablog.jp/
...................................................

人気ブログランキングへ

2017年6月19日

ヒーラーからライトワーカーへ ~ライタリアン(TM)レイキの世界~

今年からライタリアン(TM)レイキをメニューに追加しました。
詳細を記事化すると予告しておきながら、なかなか実行できませんでした。ごめんなさい。

じつは、なかなかタイミングが来なくて記事化できなかったのです。(←流れに身を任せる派)

タイトルにもあるように、ライタリアン(TM)レイキは普通の(というと語弊がありますが)レイキとは、ちょっと趣きが違います。

通常なら、伝授を受けると、自分もその波動レベルにアップする、そのシンボルがもつ特定の波動エネルギーが使えるようになる、ヒーリングスキルが上がる、自分の世界も変わる、というふうに進行するのがレイキ伝授後のプロセスなのですが、ライタリアン(TM)レイキは、そういうのとはちょっと違います。

どう違うのかという話は、私自身のライタリアン(TM)レイキとの出会いからお話ししたほうが、分かりやすいかもしれません。

数年前、カルナを学び終えて、さて、次に何を学ぼうかと迷ったときがあります。
候補はふたつあって、ひとつが量子力学系のハンドヒーリング、もうひとつがライタリアン(TM)レイキでした。

どちらにするか、いつ受けるか、日程はどうするかなど、あれこれ迷うこと数カ月(長っ)。

迷うときは、どちらも大して必要じゃないと言われますが、実際、そうでした。
ぐだぐだした迷い期間中に、ふっとアンテナにひっかかってきた「セイキムレイキ」という言葉。調べてみると、おおっ、これぞ求めていたものっ!と、一瞬で決まりました。ほんとに一瞬でした。

なんで、ライタリアンじゃなかったんだろう・・・と、ずっと心の奥底に引っかかっていたのだと思います。こんなにブッダ大好き人間なのに・・・

そして、去年、なぜか今こそ受ける時!という腑に落ち感があり、すぐに心が決まり、伝授を受けに飛んで行きました。

あまりに遅いようですが、この数年間のインターバルは、必要かつ重要な期間だったのだと思います。

迷ってた当時は、ヒーラーとして成熟することにフォーカスしていました。
より良きヒーラー/ティーチャーになって、クライアント/生徒さんの求めに応じることができる自分を造ることや、レイキの世界をより深く広く探求することに重きを置いていたと思います。あれこれ学んでみたいものが一杯で、優先順位をつけるのがたいへんやら楽しいやら。

その修行と努力のおかげか、エネルギーシフトがどんどん進んでいった先にあったのが、「光を拡げる」というワーク(任務?)でした。心身の癒し、ヒーリングにとどまることなく、人間が本来もっている光に気づくこと、その気づきを促すこと、地球の上に光をふやすこと。これが宇宙全体の調和にもっとも必要なこと。
で、はっと気づきました。もしかして、これを「ライトワーク」というのか??

ひえぇ~、超スピ系やん!(←あほ)

自分がそんなものになるとは、夢にも思ってなかったので、いやいやそんなスピなタイプじゃないよあたし、と否定はしたものの、でも、これをライトワークと言わずして何という?

そんなライトワークを意識的無意識的にやろうとしている方のアンテナにひっかかるのが、ライタリアン(TM)レイキなんじゃないかなと私は思います。ネーミングも伊達じゃないしね。「ライト(光)の人」

光を拡げるという任務というか課題というかライフワークに目覚めたとき、そのときこそが受けるタイミングなのかもしれません。

もちろん、これは、私自身の個人的な事例から導き出したひとつの結論=こじつけにすぎません(苦笑)。要は、それぞれの人の中で、タイミングが来たとき、そのときこそが受講のタイミングだということ。再伝授の必要はないと規定されているレイキですので、一期一会の心意気で受けてくださいね。

ありがたいことに、今まで伝授を受けられた方々には大好評を博しております。
なにがどう増えるってもんではありませんが、多方面で不思議な変化変容を実感できると思います。焦らず、タイミングがきたとき、そのときにどうぞ。




..................................................

きらり メニュー・アクセス・お問い合わせ
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html

きらり別館桜子日記  http://inoxsakurako.hatenablog.jp/
...................................................

人気ブログランキングへ